アオイシロ

アオイシロ名言集 

アオイシロに登場する名言を独断と偏見でチョイスしました。

 TOP News Site map アカイイト アオイシロ Blog Link

「*」は私のコメント、感想です


「それ(鬼の力)を当たり前のように享受するようになった時、  君の精神は鬼と落ち、人として磨いた技も、取り落としてしまったのだな」

―汀ルート。カヤと対峙した根方宗次の台詞より。()部当方による補筆―

*幾ら肉体的に強靭になっても、精神が伴っていない強さに意味が無いという事ですか。


「悪いわね、やっぱり剣鬼はあたしの獲物だった。
あんたに切らせてなんかやるものか」
―汀ルート。カヤに止めを刺そうとする梢子を止める汀の台詞より。

*厳しい事ばかり言っていた汀ですが、本当の彼女の優しさを感じる場面ですね。


「まあ、何があろうと
引けぬ時、引けぬ場所、引けぬ相手
がありますからな」
―汀ルート。梢子から連絡を受けた佑快和尚の台詞より。―

*僧侶というより元剣士らしい和尚らしい台詞。私にもこんな気概があればいいのですが;;


「こんなに遠くまで来てから何だけど、安全には代えられないと思うのよ。

 顧問として先生として」
―各ルート。合宿を切り上げるかどうか選択を迫られる時の葵先生の台詞より。―

*おそらく葵先生が初めて教師らしい態度を見せたシーン(マテ)


人より固い真っ直ぐな心は―

夏夜 「私の意志が挫けぬ限り―」
 夏姉さんの、不純物を叩き出した鍛鉄の様な意志は決して折れる事は無く―

夏夜 「何度でも何度でも」

 何度も、何度も、叩きに叩いて鍛えた良き鍛鉄は、 曲がれど折れぬ良き刃へと姿を変じ―

夏夜 「あなたの前に立ちはだかる」
―カヤルート。二度敗れた夏夜が三度目の根方宗次と対峙したシーンより。―

*最初にご紹介しました汀ルートの夏夜とは全く逆のパターンなのが面白いです。
また、さり気なくアオイシロのモチーフである金属民俗学ネタにもかけてあるのが解る人には解るかも?


「幾つかの分かれ道を辿った結果か知らねェが、
大立ち回りの挙げ句にこんな場所たァ運がねェよなァ?」
―グランドルート。馬瓏琉に崖っぷちに追い込まれた時の台詞より。―

*バッドエンドの死亡フラグが立ったかと思い焦りました(笑)


 魍魎は流石に邪魔だけれど、
それにやられて生命を終わらせるという未来予想図は、
青写真にもならずに消えた。
―グランドルート。魍魎エンドが消滅した瞬間―

*しょーもないエンドが消えた……じゃなくて、何気に梢子さん殺害率の高い魍魎タンが存在価値を無くした瞬間(マテ)

おまけ
「ざわっち、しっかり! 傷は深いぞーっ!」
―汀ルート。梢子と汀キス後、ショックを受けた保美に対して百子の台詞より―
*百ちー止め刺してどうするねん。なまんだぶなまんだぶ……(-人-)